2022.05.24

砧公園の近くでできたてクラフトビールが飲める店 〈ウナギヤタップルーム〉

mina本誌で美味しいお酒が飲める店を紹介する「東京深酒場」連載より、用賀のクラフトビール店を紹介します。

 

青い暖簾が目印。環八沿いの小さなクラフトビール店

 二子玉川駅から徒歩5分ほどの場所に、ふたこビール醸造所というクラフトビール店がある。店内でクラフトビールを醸造するマイクロブリュワリーパブで、ホップやフレーバーなどに世田谷産の原材料を使ったり、世田谷に店を構えるコーヒーショップと協業して、スペシャルティコーヒーを使ったスタウトを開発したりと、地元二子玉川に根ざした商品開発で個性を打ち出してきた人気店。そんなふたこビール醸造所の倉庫だった場所に醸造設備を増設し、店舗も併設して生まれ変わったと聞き、さっそく足を運んでみた。

 最寄りは用賀駅。東京在住者でもピンとこないかも知れない、ちょっぴりローカルな街に、その店はある。青い暖簾のかかった小ぢんまりした外観はクラフトビール店らしからぬほっこり感。1階は、奥に広がる醸造設備を眺めながらサクッとビールが飲める立ち飲みカウンター、2階にはテーブル席が並ぶ。取材当日は、1階の醸造所で、トップブリュワーが次なるシーズナルビールの仕込みに勤しんでいた。店頭にはタイプの違う4種類のビールが常時メニューに並び、シーズナルビールは、なくなれば次のビールに切り替わるので、店に足を運ぶたびに新しいメニューに出会えるはず。つまみは、ナッツやピクルスといった軽いもの以外におでんもあるので、2階のテーブル席でしっかり飲むのもよさそうだ。ピクルスとおでんは、どちらも隠し味にクラフトビールを使って仕込んでいると聞けば、クラフトビールとのペアリングを試したくなっちゃうというもの。

 ちなみに店名の由来は、ここがかつて鰻屋さんだったから。店名にちなんで、鰻のおつまみや鰻を原料にしたクラフトビールなんてものがお目見えするのを期待したいところ。

 

 

足を運ぶたびに新しいビール出合えるかも

写真は、黒糖のこくが特徴のアルコール度数高めのインペリアルスタウト(990円)。ほか、この日は、世田谷産の柚子をスタッフ総出で仕込んだという柚子ペールエール(880円)や、小麦の風味が香ばしいアメリカンウィートエール(770円)などがあった。

 

隠し味に柚子ペールエールを加えて煮込んだおでん(5種880円)は、是非、柚子ペールエールとのペアリングを試してみて。

 

1杯無料! 常連さんは樹脂製パイントカップがお得

ガラス製と見せかけて実は樹脂製のカップは、のんべえが倒しても落としても割れないようにとの配慮から。カップ購入時にビール1杯が無料になるうえ、カップ持参で毎回ラージ価格から1杯50円引きになるのだそう。2,200円

 

ウナギヤタップルーム

住所:東京都世田谷区瀬田5-2-1
休日:月曜、火曜(祝日の場合は翌日休業予定)
☎03-6432-7025
【Instagram】@futako_beer_seta_brewery
【お客の男女比】5:5
【おひとり様の割合】5割
【席数】テーブル14、立ち飲みカウンター3
【現金以外の支払い対応】PayPay、LINE Pay、せたがやPay

 

今月の独り言

量り売りにも対応しているので、持参のグラウラーやペットボトルにも入れてくれる。グラウラーはレンタルも購入もできるので、近くの公園で乾杯するのもよさそう。

 

◎撮影/松元絵里子

 

MAGAZINE

mina 2022年12月号

COVER STORY

あの街、冬さんぽ。/
清野菜名

  • ◆行くなら、やっぱり温泉宿。
gototop