2021.01.25

モデル・比留川游が教える「日本酒選びのコツ」

自他ともに日本酒好きと認めるモデルの比留川游さん。「もつ鍋と熱燗の相性が最高でハマった日本酒。今では週1くらいのペースで、和食に合わせて飲みたくなります。 カラスミや酒盗などの珍味をちびちびつまみながら飲むのもいいんです。」(比留川さん)今回は、比留川さんにおすすめの日本酒を教えてもらいました。

 

 

比留川游のおすすめ3選

その選び方にもこだわりがあるようで、「まずつくられた県ごとにお酒を飲んで、県ごとの傾向をつかんだら、次に好みの味の県でつくられたいろんなお酒を試していくのが私のスタイル。キレがあってさっぱり辛口なものが好きなので、北陸のお酒がお気に入りです。飲んだことのないお酒をまだまだ飲み比べたい(笑) 」(比留川さん)

 

 

秋田の酒米「酒こまち」を65% まで磨き、柔らかな甘みとすっ きりとした清らかな味わいに。「とにかく飲みやすく、フルーティで白ワインのように飲めちゃいます」720mℓ 1,833円+税 /新政酒造

 

全国的にファンの多い三重県を代表する銘酒。無濾過生酒ならではのフレッシュな味わいが魅力。「香りや旨味のバランスがとてもよく、料理にも合わせやすい!」720mℓ 1,500円+税/木屋正酒造

 

兵庫県産山田錦を醸した、京都・伏見の贅沢な純米大吟醸 。上品な酸味と心地よい苦味が特徴。「丸みがあるのにすっきりとした味わい。スイスイ飲んでしまいます」720mℓ 3,150円+税/松本酒造

 

 

日本酒をはじめよう!

「器によって風味が変わるので、ひとつのお酒を、お猪口とグラスで飲み比べるのもおもしろいですよ。」(比留川さん)と語ってくれています。日本酒デビューをしたいと思うmina女子は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

◎撮影/今城純 ◎スタイリング/渡邉恵子(KIND)◎ヘア&メイク/猪股舞衣子(TRON)◎モデル/比留川游 ◎取材・文/世古清佳

 

MAGAZINE

mina 2021年 6月号

COVER STORY

今日は何着て、どこ行く?

  • ◆春、これからのスタンダード。
gototop