2022.11.14

お酒ビギナーでも楽しめる老舗酒屋の角打ち 〈IMADEYA SUMIDA〉

 

mina本誌で美味しいお酒が飲める店を紹介する「東京深酒場」連載より、錦糸町パルコにあるお店を紹介します。

 

 

パルコのおしゃれ角打ちで、ひとり飲みデビューしてみる?

 

本日のお目当ては、錦糸町パルコ1階のフードホールにあるIMADEYA SUMIDA。ウッド調のカウンターを備えたカジュアルな角打ちだが、母体の酒店は60年もの歴史がある老舗だ。目印は、はじめの100本と書かれた店頭の黒板。「どんなお酒を選べばいいかわからない人や、自分好みの味を見つけたいという人に向け、100種のおすすめをご用意しました。価格帯も含めて気軽に飲めるものを、スタッフ自ら厳選しています」とは店長の角谷さん。

 

店内で飲めるのは、その中からランダムに選んだ日本酒とワイン各種。このほかに、ビールやサワー、ちょっといい日本酒なども揃えている。さらに約300種の日本酒を中心にワイン、蒸留酒など、ツウもうなる選りすぐりのお酒が冷蔵ケースにずらり。これらのお酒も、商品価格に抜栓料880円を追加すれば店内で飲めるため、複数人で訪れれば、ちょっとした宴も楽しめる。

 

 

日本ワインは100種以上。80ものワイナリーから仕入れる中には、あまりお目にかかれない珍しい一本も。原料に使われているぶどうは日本原産の品種である甲州とマスカット・ベーリーAが主流だが、最近は海外品種の栽培も増え、味わいの幅が広がっているそう。

 

そして特筆すべきは、日本ワインの充実ぶり! これは創業者たちが「日本のお酒文化を大切に」という思いのもと、日本ワインが一般的になる前から国内のワイナリーを巡って仕入れ先を開拓してきたからこその品揃えだ。みずみずしく穏やかで、和食にも合う日本ワイン。店内ではグラスでも提供しているので、チーズやナッツなどのおつまみと一緒に、ぜひ味わってみよう。

 

なんとこちらの店舗、フードホール内の店で買った食べ物とイマデヤで買った酒をテーブル席で一緒に楽しむこともできる。おひとりさま率が高いのは、約200席のキャパシティがあるフードホールで周りを気にせずゆったり飲めるせいかも。ひとり飲みデビューした い人も気楽に挑戦できるので、通ううちにお酒ツウになれるかも?

 

 

“お酒と楽しめる甘味”をコンセプトに開発されたというきんつばと、廣戸川 特別純米のペアリングが楽しめるセットは800円。素朴なあんこの甘味と、口当たりのまろやかな日本酒が思いのほかマッチする。木曜〜月曜限定販売。

 

生ハムやチーズなど家飲みのお供も豊富。

 

 

店内の樽で熟成した、ここだけの一杯も

5か月ほど樽熟成させたお酒も見逃せない。ラインナップは芋焼酎や泡盛などの国産蒸留酒、ジンなど全9種。樽に漬け込んで深みが出た味わいは、樽熟成ならではの魅力だ。オーダーはロックやソーダ割りなどお好みで。

 

 

 

IMADEYA SUMIDA

住所:東京都墨田区江東橋4-27-14 錦糸町パルコ1F すみだフードホール内
休日:不定休
☎0570-015-111
【Instagram】imadeya_sumida
【お客の男女比】6:4
【おひとりさまの割合】7割
【席数】8席(フードホールは約200席)
【混雑する日】金曜18時〜、土曜、日曜
【ビール一杯の価格】600円
【お通し】なし
【ランチ営業】なし
【現金以外の支払い対応】クレジットカード、交通系IC、d払い、PayPay、LINE Pay、au Pay、iD、 QUICPay、ポケパル払い、楽天ペイ、メルペイ

 

 

◎撮影/野呂美帆 ◎取材・文/金城和子

価格は税込です。店舗情報、商品情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2022年12月号

COVER STORY

あの街、冬さんぽ。/
清野菜名

  • ◆行くなら、やっぱり温泉宿。
gototop