2022.04.13

ナチュラルワインといい音楽を極上の音響で 〈ワインショップフロウ〉

mina本誌で美味しいお酒が飲める店を紹介する「東京深酒場」連載より、幡ヶ谷のワインショップを紹介します。

 

遅い時間にこだわりのワインを買えるのも便利

 さっきまで夕方だったのに気づいたらあっと言う間に夜になっていたのはちょっと前のこと。少しずつ昼間の時間が長くなって暖かい日が増えてくると、いよいよ感じるのは目鼻のムズムズと春の到来! 四季のはざまの夕暮れどきに向かったのは、いい音楽を聴きながら美味しいナチュールワインをいただける噂のワインショップだ。店はビルの地下1階にある。欧文で店名を記載しただけの控えめな看板が、店前とビルの外観にあるのみで、グーグルマップのナビゲートで訪れても、通り過ぎてしまうかもしれない。

 

 

入った瞬間に感じる音響の良さ。秘密は、壁の材質と形状にあり

 木製の大きな扉を開け入店すると、最初に目に飛び込んでくるのは、店の中央に鎮座するトンネルのような丸い穴。アメリカのとある雑貨店の通路をイメージしたという穴の向こう側には、温度管理を徹底したワインの陳列棚兼貯蔵庫が広がっている。穴の手前側にはカウンター席と大きなテーブル席、そして人が行き来できる十分なスペースがあり、休日ともなると、ワイン好きと音楽好きでごった返すという。この店の特徴でもある音響の良さは、店舗デザインのポイントにもなっている木材の凹凸の壁のおかげ。木でできていること、そしてでこぼこした形状、どちらも、音を吸収、拡散する性質があるので、音のはね返りが小さく抑えられるのだそう。確かにBGMも心地良いけれど、同時に人の声もクリアに聴こえるので、音楽に負けじと声を張って会話する必要が一切なかったのはちょっとした驚きだった。取材中は、男女二人連れ、スタッフと会話を楽しむ男性一人客、ボトルワインを買いに来た女性客などが訪れ、常連客から支持されていることが伺える。家路の途中にあったなら、一日の終わりにふっとひと息つきに訪れたい店だった。

 

 

 

常時200銘柄以上。フランス産を中心に、無添加のもの、無農薬栽培や有機栽培のぶどうで作られたワインが並ぶ。気軽に買える2,000円台から、贈り物や差し入れ価格まで幅広く揃う。

 

角打ち利用は、赤、白、各3種のワインが1杯1,000円〜1,300円。ボトルのクラフトビールや簡単なつまみも。

 

ワインに合う無添加のアイスクリームも!

果物、お茶、スパイス、お酒、ハーブなどのフレーバーで作る無添加アイスクリームブランド、カシキのカップアイスを常備。特別なフレーバーが並ぶ店頭イベントの日は混雑するそう。カップアイス各500円。

 

ワインショップフロウ

住所:東京都渋谷区西原2-28-3 クローバービル B1F
休日:不定休
☎03-6804-7341
【Instagram】@wineshop_flow
【ビール1杯の価格】900円〜
【ワイン1杯の価格】1,000円〜
【お通し】無
【ランチ営業】無
【現金以外の支払い対応】クレジットカード

 

今月の独り言

バースペースは、あくまで酒屋の角打ちという位置づけですが、見た目はおしゃれなワインバーそのもの。入った瞬間に感じる音の良さはミュージックバー並みでした。

 

◎撮影/川原﨑宣喜

 

2022年mina5月号より

MAGAZINE

mina 2022年7月号

COVER STORY

予定を決めない旅。/
川口春奈

  • ◆週末旅に着たい夏服。
gototop