2021.11.10

ステキなあの人とコーヒーの関係。〈フリーアナウンサー・竹内由恵さん〉

結婚を機に静岡に移り、子育てをしながらタレントとして活躍するフリーアナウンサーの竹内由恵さん。テレビ局を退社し、その後の活動について考えていた時、ふと浮かんだのが学生時代に思い描いたカフェを開くという夢だったそう。そんな彼女とコーヒーには人一倍深い関係がありました。

 

ストライプシャツワンピース 28,600円/ämne(BART) メガネ 35,200円/金子眼鏡(オプティシァン ロイド) イヤリング 27,500円/anapnoe(anapnoe 渋谷ヒカリエ ShinQs店) リング 右手(薬指) 1,870円/スリーフォータイム(ジオン商事)、(小指)6,600円/Folk/N(UTS PR) 時計 18,700円/No Monday(No Monday JAPAN)

 

 

カフェを開くという夢の準備

「退職して何をしようかと考えていたら、カフェ巡りが好きだったことを思い出したんです。毎朝コーヒーを飲んでいたし、昔から『海辺に自分のカフェを開きたい』って漠然と夢見ていたなって。そんな記憶が蘇ったこともあり、静岡のカフェに足を運ぶようになりました。引っ越してすぐの頃は知り合いがいなかったのですが、地域の方々と仲良くなることができて。コーヒーをきっかけに自分の世界が広がりました」。

 

 

週に一回、まるで科学実験のような自家焙煎に挑戦中。

カフェを開くという目標のために、ドリップマスターの資格を取得。淹れ方を学んだ後は、より緻密に味をコントロールできるよう、自分で豆を焙煎したいと思うように。
「行きつけのカフェで店主の方に『焙煎をやりたい と思っているんです』とお話ししたら、なんと教えてもらえることに! 最初は手回し焙煎器から始めて、今は小型のマシンを使っています」。
現在は、週に1回ほどのペースで自家焙煎に挑戦中。煎る時間や火を強めるタイミングによる味の変化を、まるで実験のように細かく記録しながら、日々コーヒーの味わいを微調整しているそう。

 

 

カフェオープンへの一歩は小さな焙煎所から

飲食店を開くために必要な資格について勉強したり、条件に合う物件をリサーチしたり…。夢を叶えるための準備も少しずつ進め始めているという。

「今すぐにカフェを開くのは難しいと思うのですが、まずは焙煎所兼ショップのような形で、小さなスペースを持てたらなって想像しています。オンラインショップで販売するのも良さそうですね。自分の焙煎した豆をみなさんに味わってもらえると思うとなんだか緊張しちゃいますが、たくさんの方々に喜んでもらえるように頑張って練習します」。

 

 

竹内由恵さんのお気に入りグッズ。

〈左〉手動の焙煎器を経て念願のマシンを購入
焙煎を教わっているカフェの店主から おすすめされたという『COFFEE DISCOVERY』のロースターは、小型なボディに多機能を搭載した本格派。焙煎した豆は、産地や日付を記入 して、酸化しないようジップロックに入れて保管している。

〈右〉まるで科学の実験!?  味の変化を必ず記録
昨年11月から記録し続けているという焙煎メモ。1分ごとの温度やガス圧、飲んだ時の感想など、事細かにデータが書き綴られている。

 

 

カフェを開くという夢に向かって

学生時代から続いている竹内由恵さんとコーヒーの関係。カフェ巡りが好きだったことから思いついた「海辺に自分のカフェを開きたい」という夢にむかって勉強中の彼女。コーヒーの魅力に取り憑かれている人はもちろん、まだ触れたことがない人も彼女のコーヒーが飲めることを楽しみに、奥深いコーヒーの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

SHOP LIST

anapnoe 渋谷ヒカリエ ShinQs 店 ☎︎03-6434-1772
UTS PR ☎︎03-6427-1030
オプティシァン ロイド. ☎︎03-3423-0505
ジオン商事 ☎︎03-5792-8003
No Monday JAPAN ☎︎06-6227-8573
BART ☎︎086-489-1641

 

◎撮影/川原﨑宣喜 ◎スタイリング/村田愛美 ● 特にクレジット表記のないものは本人私物です。

MAGAZINE

mina 2022年1月号

COVER STORY

木枯らしが吹いたら 冬のはじまり/
石橋静河

  • ◆真冬のアウターのお話。
gototop