2022.08.10

みんなのはしご酒〈浅草編〉ちょい濃い味の下町グルメをホッピーで流し込むのが合う!

 

浅草でお酒を飲むなら「ホッピー通り」がはずせません。昔は「煮込み通り」と呼ばれ、手ごろに酔える「ホッピー」を出す店が人気になり、そのつまみとして「もつ煮」が名物になった横丁です。

 

 

1軒目はあっさり味のもつ煮目当てに『居酒屋 どん』へ 

 

はしご酒の1軒目は名物の煮込みがあっさり塩味の『居酒屋 どん』に決定! ほか、まぐろユッケなど軽いつまみで、とにかくお酒メインで喉を潤す。

(左)名物牛すじ煮込み(600円)は必食。(右)マグロユッケ(800円)はこの日のおすすめメニュー。

 

そうそう、この通りならではの「ホッピー」についてもお勉強。ホッピーとはビールテイストの割り物のことで、まずはセットを頼み、焼酎の入ったグラスとホッピーのボトルをもらう。自分でホッピーをグラスに注ぎ、ちょうど良い濃さにして飲む。ホッピーがあまったら、2杯目は「中をください」といって焼酎を頼み、ホッピーがなくなったら「外」と頼む。ツウっぽく「中、外」と注文してみたいよね。さて、本日ははしご酒なので、2杯ほど飲んだら次のお店へ。

 

〈店舗情報〉
居酒屋 どん

HP don-asakusa.com
営 11:00~23:00、日祝 ~22:00
休 木曜
お通し 300円

 

 

2軒目は『餃子の王さま』で餃子とビールを堪能!

 

次はここらで小腹を満たしたく、浅草で最初に餃子を始めたという中華屋『餃子の王さま』へ。お腹いっぱいになるんじゃ!? と案ずるなかれ。ここの餃子はほぼ100%が野菜で(つなぎとして0.5%くらいひき肉が入っているそう)スルスルと食べられる。なめらかな餡の食感が楽しくビールが進む、進む。ついおすすめされた「ニラレバ」もぺろりと平らげてしまった。

 

 

 

王さまの餃子(420円)と湯餃子(420円)はぜひどちらも味わいたい 。ニラレバいため(780円)は柔らかい食感に驚嘆。鮮度が高いまま下処理をしているため臭みもなく、レバニラ嫌いも美味しく食べられると人気なんだとか。

 

〈店舗情報〉
餃子の王さま

☎︎ 03-3841-2552
営11:15~L.O.14:00、16:00~L.O.20:00、土日祝11:15~L.O.20:00
休火曜
お通しなし

 

 

3軒目は老舗『つくし』のもんじゃ焼きでシメ!

 

餃子を食べたら食欲に火がついてしまって、3軒目は「もんじゃ」でガッツリ〆ることに。ホッピー通りに戻り〝ヘラ〟の看板が可愛く目立っている、老舗の『つくし』に入る。定番だけど、やっぱり間違いない「明太もちチーズ」と、鉄板焼きの「いかげそ」をオーダー。食べすぎって思われそうだけど、もんじゃ焼きは昔は子供のおやつだったし、そんなに重くないよ! と言い訳。優しいお母さんに教えてもらいながらも、自分たちで焼くのが楽しい。焼く係、動画を録る係に分かれ、チームワーク抜群なところも見せちゃったり。さすがにもう3軒目なので、お酒は思い思いのペースで。ホッピーはやっぱり合うし、ビールで流し込むのもいい。

 

明太もちチーズ(1,100円)といかげそ(750円)を同時に鉄板で焼けば、香ばしい匂いが漂う。チーズ と餅がとろけボリューム満点で〆にぴったり。お店の人に頼めば焼いてもらうことも可能。

 

〈店舗情報〉
つくし

☎︎ 03-3844-3343
営 11:00~L.O.22:30
休 火曜
お通しチャージなし

 

 

休日の昼間から、非日常感の溢れる街で美味しいお酒と美味しいご飯を味わってはいかが?

 

 

衣装
〈トップ画像写真左から〉肩にかけたリネンシャツ 17,600円/SETTO(BLUE WALL) 半袖ワンピース 19,800円/ämne(BART) メガネ 44,000円/金子眼鏡(オプティシァン ロイド)〈真ん中〉オーバーオール 15,400円/Lee(エドウイン・カスタマーサービス) 半袖ニット 30,800円/JOHN SMEDLEY(リーミルズ エージェンシー) トートバッグ 3,850円/DEDICATED(HEMT PR) 〈右〉開襟シャツ 16,500円/JOHNBULL(ジョンブル カスタマーセンター) Tシャツ 1,650円/Hanes(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) チノショートパンツ 27,500円/ANATOMICA(アナトミカ 東京) サコッシュ 6,600円/MASTER&Co.(マッハ55リミテッド) 

SHOPLISTはこちらから

◎撮影/川原﨑宣喜  ◎スタイリング/渡邉恵子(KIND) ◎ヘア&メイク/谷口里奈  ◎モデル/千國めぐみ、吉倉あおい、松木育未 

 

価格は税込で、店舗情報、商品情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2022年11月号

COVER STORY

ラーメンな日。/
永野芽郁

  • ◆みんなの「お酒」SNAP
gototop