2021.03.17

【WEB特別連載】ちくにめしvol.1/「タッカンマリ」

料理好きで知られるminaモデル・千國めぐみ(ちっくん)がオリジナルレシピを紹介する連載企画がmina WEB限定スタート! 気軽に作れるのに味は本格的な「ちくにめし」、定期的にアップしていくのでおうち時間にぜひお試しあれ。

 

 

“煮込むだけ!”の簡単「ひとりタッカンマリ」

ちくにめし第一弾のレシピは、韓国の水炊き「タッカンマリ」。具材をじっくり煮込めば、鶏の骨から良いダシが出るので味付けは塩だけでOK。まだまだ寒いこの季節にぴったりです。

 

✔️材料(1、2人前)

手羽元…3本

長ネギ…1本

生姜…1/3個

にんにく…2片

もも肉50~100g※量はお好みで

じゃがいも…1個

トッポギ…適量※なければお餅をカットしたものでもOK

塩…適量

キムチ…※味変用なのでお好みで!

 

(つけダレ)

醤油

粒マスタード

コチュジャン

…すべて適量

 

 

HOW TO

 鍋に水をたっぷり入れて、手羽元、長ネギの緑の葉の部分、千切りにした生姜(皮ごと)とにんにくを入れてぐつぐつ煮る。「本場・韓国ではスライスしたにんにくを入れますが、お肉と一緒に食べると美味しくて体も温まるので、食べやすいように千切りにします」。

 

具材に火が通ったら塩で味付けをして、ネギの緑の葉の部分を取り出し、スライスした長ネギを盛り付ける。「“シャキシャキ”という食感を出すために、スライスした長ネギは最後に加えましょう」。醤油と酢を混ぜ、お好みで粒マスタードとコチュジャンを加えたタレにつけて召し上がれ。

 

POINT!

 「スープは手羽元の骨を残しておいて、ふたたび煮込めば色々とアレンジできます。味噌や醤油を足してラーメンにしたり、最近はココナッツミルクを入れて「トムカーガイ」にするのがお気に入りです」。

 

次回のレシピも絶賛考案中……ちくにめしvol.2お楽しみに!

 

 

◎撮影/佐々木大輔(人物) ◎ヘア&メイク/森川 誠(PEACE MONKEY) ●衣装は本人私物です。

MAGAZINE

mina 2021年 9月号

COVER STORY

カレーな日/黒木華

  • ◆週末女子のTOKYOファッションクルーズ
gototop