2022.01.04

【レポート】こだわり女子の「偏愛」ライフ事情(佐藤渚さん×ポテトチップス)

自分だけのこだわりを持ち、あるモノを偏愛する女子にクローズアップするこの企画。今回は、ポテトチップスをこよなく愛する佐藤渚さんにインタビュー! ハマったきっかけやお気に入りの味について、教えてもらいました。

 

 

ひとり暮らしをきっかけにポテチへの偏愛がますます加速

子どもの頃からポテトチップスが大好きで、今でもまるで主食のようにほとんど毎日食べているという佐藤さん。数年前にひとり暮らしを始め、好きな時に好きなものを食べられるようになってから、ポテトチップスへの愛がいっそう深まったのだとか。

 

「アシスタント時代はとにかく忙しくて、仕事から帰ってきて料理をしたくなかったので、ポテチを夕飯代わりに。それがクセになってしまい、余裕のある日もポテチとビールで食事を済ませちゃうんです(笑)。大好きなビールとポテチを合わせてみたら相性抜群で、それ以来ずっとこのペアリングを楽しんでいます」。

 

 

佐藤さんのお気に入り#3

フラ印 アメリカンポテトチップス のり塩

“日本初のポテチ”として知られる老舗の、長年愛される定番フレーバー。「薄めのポテトとのり塩の組み合わせが絶妙。いろんなメーカーのものを食べ比べましたが、個人的にはこれがマイベストのり塩! 可愛いパッケージに気分も上がります」。

 

湖池屋 STRONG 黒胡椒レモンチキン

濃厚な味わいにこだわった、湖池屋の人気シリーズ。「黒胡椒とレモンの味がとても好みで、フワッと香るチキンの風味もビールと相性抜群。波型ポテトの食感がザクっとしているので、歯ごたえがあり、1袋で満足できます」。

 

ハンターズ 黒トリュフフレーバー

厚くカットしたポテトに、風味豊かな黒トリュフの味をプラス。「他のポテチと比べると高級に感じますが、食べてみるとその価格に納得! 堅めでしっかりした食感もちょうどよく、何度もリピートして食べています」。

 

 

サクッとした食感がクセになり、いくらでも食べられちゃう

ポテトチップスにもいろんな種類があるけれど、佐藤さんの好みは“ザクっと堅め”で“味が濃いめ“。日本の一般的なサイズのものだと物足りなくて、なるべく大きいアメリカンサイズのものを買うことが多いそう。最新のポテトチップスについてはコンビニやスーパーで定期的にリサーチ! 気になった新商品はひと通り試しているのだとか。

 

「店舗によって置いてあるポテチが違うので、何軒かハシゴして新商品を探しています。あとは最近、インスタグラムにいろんなポテチの情報を載せているアカウントを見つけて! いつも参考にさせてもらっています。私もストーリーズで『#今日のポテチ』ってやってみようかな(笑)」

 

 

-Profile-

佐藤渚さん(26)@nagisa_sato1222

新潟県出身。原宿にあるヘアサロン「by fifth」でスタイリストとして働く。帰宅後のお酒が毎日の楽しみで、ポテトチップス以外にはいぶりがっこチーズが大好きなのだとか。

 

 

◎撮影/染谷かおり ◎取材&文/大場桃果

MAGAZINE

mina 2022年3月号

COVER STORY

東京クルーズ/
浜辺美波

  • ◆BASIC STYLE in SPRING
gototop