2023.11.14

【でぃ〜ぷな韓国】クリエイターのポストカードが揃う専門店『POSET』

意外と知らない、韓国のマニアックな隠れ家的スポットを深掘り。今回はソウルにある、ポストカード一枚で心を交わす場所『POSET』をご紹介します。

 

 

思い出と、大切な人と、自分と対話をするならここへ

一番人気のアイテムはBracket Card。折り畳んでできる空間に最初の文を書き、広げると手紙全体が見える仕掛け。

 

“ポストカードの図書館”がコンセプトの『POSET(ポセット)』。誰かに送るメッセージ、自分にとっての大切な記録、相手を想いながら気持ちを書きとめる瞬間を大切にできる空間です。ソウルの西大門(ソデムン)エリアに位置する店内には、まさに図書館の棚に並ぶ本のように約3,200枚のはがきがびっしり。

 

クリエイターによるイラスト、写真、グラフィックなど、それぞれの魅力を持つポストカードや便箋、そして文章を書くためのステーショナリーを吟味するなら、ここを訪れれば間違いありません。

 

集中してペンをとることができるひとり用机。

 

そんな多彩アイテムで満たされたお店。ただの文具店と変わりないのでは? と思うことなかれ、お店の片隅に用意されているのはひとり用の机。解放感溢れる大きな窓から陽を浴びながら、購入したはがきや便箋の上に気持ちを綴ることができる、とっておきの場所なんです。

 

さらにPOSETならではのサービスが記録保管箱。ロッカーのように並べられた小さな箱に手紙や日記、写真など、思い出が詰まった物を入れて保管してもらうことができます。

 

思い出をとっておける保管箱。

 

もともと雑貨店『object』を運営していたオーナーが、物が人に出会うというプロセスのなかで最も歴史があり、かつ人の心を動かす行為はなにか考えたところ、それがシンプルな形でありながらも真心を伝達できる手紙だと気づいたことが、POSETをオープンするきっかけになったそう。

 

POSETで人気のポストカード。眺めるだけで心が穏やかになるデザイン。

 

デジタル化が進み、指先ですぐにメッセージが送れるからこそ、手紙を書く行為に時間をかけなくなってしまった現代人が多いのもたしか。

 

ちょっぴり照れくさくて伝えられなかった感謝の気持ちも、素直になりきれずに伝えられなかったお詫びの気持ちも、誰にも言えないけれど自分のなかで大切にしたい気持ちも全部、はがき一枚を通して向き合うお手伝いをしてくれます。

 

『POSET』

Instagram:poset.official

 

◎取材&文/新井穂奈美

mina2023年8・9月合併号より

店舗情報、商品情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

 

MAGAZINE

mina 2024年7月号

COVER STORY

MY SUMMER BREAK 永野芽郁

  • ◆ベーシック好きは覚えておきたい夏のTシャツ着こなしルール
  • ◆NO T-SHIRT,NO BEER!
gototop