2022.09.17

結成15周年舞台公演『HELLO ROOMIES!!!』が開幕! 
s**t kingzインタビュー

 

 

――三浦大知さん、BLACK PINKほか国内外アーティストの350曲以上もの振付を手掛け、ダンス界の第一線で活躍しているs**t kingz。15年の活動でどんな変化がありましたか?

 

shoji(以下s)「僕らがチームを組
んだぐらいのタイミングで、YouTu
beやSNSが普及し、いろんなダンス
映像に触れられるようになりました。僕
らがアメリカのダンスコンテストで優勝
したときの映像もそうで、結果、海外で
の活動が増えましたね」


 

kazuki(以下k)「海外から声がか
かってワークショップを行ったりするう
ちに、ダンスにはいろんな可能性がある
んだと気づいたんです。振付はもちろん、
ラジオや音楽番組、トークショーに舞台
など、ダンサーという枠にとらわれすぎ
ず、でもダンサーという軸はしっかり持
った活動を、自然と展開するようになり
ました」

 

Oguri(以下O)「僕らには歌という
選択肢がないので、どう自分たちらしく
戦っていくか、というのはあったと思う。三浦大知くんが僕たちを“ダンス界のパイオニア”って言ってくれたけれど、僕らの存在が新しい基準になってくれたら嬉しい。僕は歌も好きなので、いつでも歌うよって言っているんですけど(笑)」

 

k「Oguriがびっくりするぐらい歌が上手かったとしても、それをやってしまったら普通になっちゃうから。僕らはダンスを軸にしたグループということに、誇りを持っているんです」

 

 

――俳優としてドラマに出たり、舞台を制作したりと、表現の幅が広いですよね。

 

k「結構、なんでもやってるね(笑)」

 

s「Oguriは音楽担当で、昔から音源の編集とかもやってくれていた。衣装はNOPPO、ライブ出演はkazukiがメインでやって、他のスタッフさんとの間を取りまとめる、パイプ役みたいなのが僕。適材適所な感じで、手分けしてやってきたんです」

 

NOPPO(以下N)「テレビなどメディアに出ていくことで、ダンスをやっていない人たちに教える機会も増えたよね。逆に勉強になることもあるんです。どう説明したら、伝わるのかなって。僕ら、できちゃうから(笑)」

 

 

――カッコイイ方向だけでなく、コメディ的なこともやるのはなぜですか?

 

k「僕らの間でも”カッコイイ”の概念が変わってきているんだと思います。カッコつけたダンスをカッコイイと思っていた時代もあったけど、今は笑顔になってもらうことも、それはそれでカッコイイよなぁって」

 

s「笑いって、すごく素敵なんだよね。精神的なエネルギーにもなるし。僕たちはダンスが好きでダンスをやっているけれど、ダンスだからこういうことしかできないって決めつけることはしたくない。いいなと思うものは取り入れて、みんなでアイデアを出し合って、いろんな表現で伝えたいんです。個人が外の仕事で受けてきた刺激や影響もそれぞれ大事にしているしね」

 

N「そう、だから振り入れのリハがオーディションになりがちです(笑)」

 

s「結果、みんなで“いいね”となったものを取り入れながら作っています」

 

 

そんなs**t kingzの想いが詰まった、“超踊る喜劇(コメディ)”『HELLO ROOMIES!!!』がいよいよ開幕。ダンスエンターテインメント界の最前線を常に走り続ける彼らの舞台、ぜひチェックを。

 

 

PROFILE
シットキングス●shoji(持田将史)、kazuki(濱本和樹)、NOPPO(増田昇太)、Oguri(小栗基裕)の4人からなるダンスパフォーマンスユニット。ダンスや振付のほか、演出、俳優など多方面で活躍中。

 

 

STAGE

s**t kingz結成15周年舞台公演

『HELLO ROOMIES!!!』

 

誰もが日頃感じるストレスやモヤモヤを”心のゴミ”と表現し、コミカルなストーリーとダンスパフォーマンスで届ける超踊る喜劇(コメディ)。s**t kingzのほか「A子」という人形の主人公が加わり、斬新なジャンルの新作を上演。

東京公演:9月14日(水)~19日(月・祝)新国立劇場 中劇場
大阪公演:11月10日(木)〜13日(日)森ノ宮ピロティホール
愛知公演:11月18日(金)~20日(日)日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
東京凱旋公演:1129日(火)~121日(木)新国立劇場 中劇場

 

▶︎詳細はこちらから

 

 

◎撮影/西谷玖美 ◎スタイリスト/AKIYOSHI MORITA  ◎ヘア&メイク/noritake  ◎取材&文/根岸聖子

 

2022年mina10月号より
記事に掲載されている情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2022年11月号

COVER STORY

ラーメンな日。/
永野芽郁

  • ◆みんなの「お酒」SNAP
gototop