2024.03.29

新橋の〈喫茶フジ〉で、まるで昭和へタイムスリップした感覚に!

外国人がおすすめする“まにあっく”なスポットを訪れて、東京の魅力を再発見する企画。
今回は、Tokyo Weekenderのエディター・リサさんがおすすめする喫茶店<喫茶フジ>を紹介します。

 

内装はほとんど創業時のまま 
ザ・昭和レトロな空間

 

「<喫茶フジ>のような昭和のレトロな雰囲気はとてもユニークで、多くの外国人にとっては、あまり知られていない新しいカルチャーだと思います。今後もローカルでアットホームな雰囲気が楽しめる穴場を海外の読者に紹介したいと思っています。」と語ってくれたリサさん。

 

<喫茶フジ>は、大きな富士山の写真が印象的な、1971年から続く老舗喫茶。店内のソファは布の張り替えやクッションの交換をしながらも未だに現役。試験管を使った天井照明も当時のまま変わっておらず、50年同じ業者にメンテナンスを依頼しているというから驚き!

 

 

 

リサさんおすすめのメロンソーダ(700円)。クリームソーダは4種から選べます。

 

 

 

リサさんおすすめのホットケーキ(800円)には、富士山の刻印が。ふわふわで飽きのこない素朴な味わいです。

どちらもオリジナルロゴが効いていてフォトジェニック。

 

 

喫茶フジ(新橋)

Instagram:coffee_fuji

 

 

 

おすすめしてくれたのは…
オーストラリア出身 
リサ ナイトさん
Instagram:lisainjapan

 

 

 

-information-

Tokyo Weekender

 HP:tokyoweek ender.com

 

1970 年に創刊した54 年の歴史を持つ外国人向けの英字ライフスタイルメディア。

 

 

 

<STAFF>

◎撮影/杉山巧剛

 

mina2024年4月号より

店舗情報、商品情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2024年4・5月合併号

COVER STORY

冬が過ぎたら。/川栄李奈

  • ◆春に着たい「くすみ色」。
  • ◆街とアウトドア服
gototop