2022.09.21

週末は映画館で脳内トリップ『川っぺりムコリッタ』

映画コラムニストの新谷里映さんが厳選した、mina女子におすすめの作品を紹介します。

 

荻上監督の作品は、いつだってシアワセを感じさせてくれる!

『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』で知られる荻上直子監督の新作です。まず目を引くのは、タイトルにある”ムコリッタ”ですよね。この映画で初めて聞いたと言う人も多いと思います。

 

ムコリッタ(牟呼栗多)とは、仏教における時間の単位のひとつで、1日(24時間)の1/30、48分を意味する言葉です。時間に追われることのない穏やかな世界のなかに、ささやかな幸せ、いろいろな幸せが詰まっていました。

 

 

主人公は、北陸の名もなき町にあるイカの塩辛工場で働く青年、山田です。とある理由から、できるだけ人と関わらずに生きていこうと、ボロアパート〈ハイツムコリッタ〉で暮らし始めますが、隣に住む島田が毎日ご飯時にやって来たり、なんやかんやアパートの住人たちと関わっていくことに。

 

しかも住人たちは揃って社会からちょっとだけはみ出していて、ちょっと変わっていて、でも底抜けに明るい。どんより暗かった山田が変わっていく姿に、観ているこちらも救われるような気持ちになるのです。

 

 

最近は、さまざまな家族の形を題材にした映画を目にする機会が増えました。この映画もそのひとつ。新しい”つながり”をコミカルに描くなかに現代の社会背景もしっかり組み込まれているのも、荻上監督の作品の特徴です。今回は、ゼロ葬という葬儀を取り入れている。生きていくことに向きあう力をもらえる映画です。

 

 

全国公開中
出演:松山ケンイチ、ムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆ほか
配給:KADOKAWA
©2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会

 

 

▶︎案内人は……
新谷里映さん

映画ライター・コラムニスト。音声プラットフォームVoicyにて『シネマのなかに見えるもの』配信中。
Twitter @rieshintani

 

 

記事内掲載商品価格は税込価格となります。
記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2022年11月号

COVER STORY

ラーメンな日。/
永野芽郁

  • ◆みんなの「お酒」SNAP
gototop