2023.06.29

【週末“非日常”TRIP】絶景世界遺産から人気ローカルスポットを巡る! オーストラリア・ケアンズの旅

 

東京から直行便7時間半。やってきたのは豊かな自然に恵まれたオーストラリア北東部のクイーンズランド州ケアンズです世界自然遺産のアクティビティやローカルグルメなど、ケアンズならでは魅力が詰まったの様子をお届けします。

 

 

 

LCCなのにビジネスクラス? ジェットスターで至福のフライト体験を 

 

今回ケアンズまでのフライトで利用したのは、オーストラリアに本社がある格安航空のジェットスター航空日本国内でも、あらゆる都市をお手頃価格に旅行できることで人気のジェットスター・ジャパンもグループ会社です。東京・成田空港と大阪・関西空港発着のケアンズ行き便は、エコノミークラスの他に21席のビジネスクラスがあるということで体験しました。 

 

 

ビジネスクラスがあるボーイング787便は、エコノミークラスも含め計335席の大型機座席はエコバッグの中に靴下やリップクリームなどの充実したアメニティセットがありました。離陸までの間にはドリンクのサービスも。7時間半のフライトの間には2度の機内食やアルコールも飲める充実したサービスながらも、成田発の運賃は片道87,000*〜と手に届く嬉しいコスパです。しかも燃油サーチャージ不要! 格安航空といえば狭くて我慢ばかりなんて時代はもう遅いと感じた、至れり尽くせりのフライトでした。 

 

* エコノミークラス「Starter」片道運賃。機内持込手荷物は合計7kgまでとなります。支払手数料、空港使用料、諸税が別途必要です。諸条件が適用されます。 燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)は不要です。エコノミークラスには受託手荷物の料金は含まれません。ビジネスクラスは 30kg までの受託手荷物が含まれます。 

 

 

・ジェットスター 

https://www.jetstar.com/jp

 

 

 

朝はオージー風のモーニングをいただけるおしゃれカフェへ 

 

ケアンズは朝早くから営業しているカフェやレストランが多く、早朝着便で到着した後や出発が早いアクティビティツアーがある日も便利です。ケアンズ市内から車で30分ほどにあるパームコーブは、ビーチ沿いに高級ホテルが立ち並ぶリゾート地です。パームコーブには海を眺めながら楽しめるテラス付きのカフェやレストランが多く、ゆったりとした雰囲気で朝食を楽しみたい時におすすめのスポットです。 

 

 

そんなパームコーブで、朝からローカルや観光客で賑わっていたのがレストラン「Chill at Portofinチル・アット・ポートフィーノ」。モーニングメニューは甘い系からごはん系のプレートまで豊富なセレクトで、オーストラリア定番コーヒーと合わせて楽しめます。

 

 

食後はレストランからすぐにビーチにアクセスできます。白い砂や透明度の高い海、たくさんのヤシの木が並ぶ絶景を散歩しながら穏やかな時間を過ごせます。 

 

 

ケアンズ市内のホテル街からアクセスのいいところを選びたい時は、「OAK & VINE RESTAURANT」がおすすめです。 市内中心部にある「Oaks Cairns Hotel」の2階にあるオープンテラスのカフェで、海も眺めることができる隠れ家的スポットです。 

 

 

6:30からオープンしているので早朝便でケアンズに到着し、ホテルに荷物を預けてそのままモーニングを楽しみたいという方にもおすすめです。 

 

 

・OAK & VINE RESTAURANT

https://www.oakshotels.com/en/oaks-cairns-hotel/oak-and-vine-restaurant

 

 

 

 

朝ゆっくり過ごしたい日は、ペロッタズ・アット・ザ・ギャラリーに併設したレストランでブランチもおすすめです。ローカルにも人気のカフェレストランでイタリア料理を中心にピザやパスタなどのメニューも豊富。夜はバーとしても利用できるため、ユニークなカクテルも魅力的です。 

 

 

・ペロッタズ・アット・ザ・ギャラリー

https://www.perrottasatg.com/

 

 

 

自然豊かなケアンズで訪れたい2大世界遺産「熱帯雨林」「グレート・バリア・リーフ」 

 

クイーンズランド州はダイナミックな熱帯雨林やサンゴ礁が美しいなどの大自然に囲まれているため、自然を満喫するアクティビティが充実していることでも有名です。 

 

ケアンズ地域にある熱帯雨林は世界遺産にも登録されており、ケアンズの街から25kmほど離れた場所にある「キュランダ」もその一部。多様な動物種が生息していて、美しい景観や生態系を楽しめる、ケアンズでも人気の観光スポットです。

 

キュランダへのアクセス、スカイレールと呼ばれるロープウェイが人気です。スカイレールに乗ると、熱帯雨林の上空を進みながら、壮大な景色を楽しむことができます。途中で降りることもできるので、散策展望台からの眺望を楽しむことができます。 

 

 

キュランダには散策路があり、熱帯雨林の中で生きるさまざまな植物を見ることができます。圧倒されるほどダイナミックな植物に囲まれまさにパワースポット。ガイド付きツアーもあるので開拓の歴史や植物の知識を学びながら楽しむのもおすすめです 

 

 

キュランダには美しい自然景観が広がっていて、その中でも特に有名なのがバロン滝です。バロン川から80メートル落下する大きなは、雨季には豪快な水の流れ迫力のある光景となります。その大きさと美しさから、多くの観光客が訪れる人気の撮影スポットとなっています。 

 

この日は、前日までの大雨の影響で爆発的な水量になったバロン滝にがかかった絶景を見ることができました! 

 

 

キュランダは自然の他にも、クラフトマーケットやギャラリーが点在しているので、地元のアートやクラフト作品たり、購入したりできます。ここでしか買えない伝統的なアボリジナルの工芸品やオーストラリアの特産品はお土産にぴったりです。 

 

 

・スカイレール・レインフォレスト・ケーブルウェイ

https://www.skyrail.com.au/

 

 

 

続いて、オーストラリア最大の絶景を見るため海へ向かいます。今回の旅ではヘリコプターで世界遺産のグレート・バリア・リーフ上空を飛び、人気観光地のグリーン島へ向かうプランを選びました。地球上で最も大きな生命体として、世界自然遺産に登録されていグレート・バリア・リーフ2,300kmにわたり広がる世界最大のサンゴ礁の上空からの絶景をお届けします! 

 

 

約30分のフライトでは、数千種類サンゴなど多様な生態系生息するといわれている美しい海の絶景を眺めることができ、その透明感と自然の美しさは感動の連続でした。 

 

 

グレート・バリア・リーフはスノーケリングやダイビングのメッカとして知られていて、世界中からダイバーが集まるそう。初心者から上級者まで、さまざまなレベルのダイビングコースがあり美しいサンゴの群生や多彩な魚、ウミガメなどを間近で観察することができます 

 

 

フライトを終え、グレート・バリア・リーフ内にあるグリーン島に到着。実こちらにあるリゾートは、古くは日系企業が保有していたということもあり、日本でも認知度の高い観光スポットなのです。訪れた際も多くの日本人観光客を見かけました。

 

 

グリーン島ではスノーケリングやダイビングのほか、ガラスボートや半潜水艦などの船に乗るツアー人気です。海底の美しい景色深海の生物を間近で観察する体験ができます。船に乗るツアーは酔い止めをお忘れなく! 

 

 

島内にあるリゾートホテルはハネムーン旅行としても人気だそう。日帰り観光客が滞在できる時間以外は宿泊者のみしかいないという、プライベートアイランドとして楽しめるそうです。その他にもレストランやカフェが複数あり、海の景色を望むテラス席や、リゾートのプールサイドでの食事も楽しめます。 

 

 

半日ほどグリーン島を堪能し、帰りはケアンズまでフェリーで戻りました。定期的に運航されるフェリーに乗れば、45分程度で到着します。 

 

 

 

ローカルがおすすめするレストランで本場のオーストラリア料理を堪能 

 

滞在中のディナーは、地元のホテルや観光局で働く方におすすめレストランを教えてもらいました。まず訪れたのは、ケアンズで人気のホテルクリスタルブルックコレクション」のひとつで、ホテルベイリー」内にあるCCsバー&グリル」。長期熟成したオージービーフが自慢のレストランです。 

 

 

オーストラリアでは公園など無料で使えるグリルが設置されているほどバーベキュー文化が盛んで、肉や魚をグリルで焼いて楽しむそうなかでもオージービーフは、品質の高さで世界的に評価されているので、オーストラリアを訪れたら必ず食べたいグルメでもあります。他にも、元の食材を使用した料理や地ビール、オーストラリア産ワインも豊富に揃っていました。 

 

 

・CCsバー&グリ

https://www.crystalbrookcollection.com/bailey/ccs-bar-and-grill

 

 

 

伝統的なオーストラリア料理を楽しみたい気分なら「オカーレストラン」がおすすめです。このレストランでは、地元の農家や漁師から新鮮な食材を仕入れて料理を創作しています。 

 

 

先住民が用いてきた地域のスパイスハーブなどの調味料を使用した風味豊か料理、オーストラリア産のカンガルーやエミューなどを使ったユニークな料理が食べられると注目されています。地元ワインやクラフトビールはもちろん、バーのカクテルメニューが充実しているので、ぜひいつもと違った一杯を楽しんみてください。

 

 

・オカーレストラン

https://ochrerestaurant.com.au/

 

 

 

さらにローカル気分を味わいたい人は、「ケアンズ・ナイト・マーケット」でテイクアウトグルメを楽しむのがおすすめです。夕方から夜にかけてオープンするナイトマーケットで、伝統的なオーストラリアの工芸品やお土産などのショッピングや、多国籍なローカルフード屋台を楽しみながら散策できるということで、観光客で賑わっている人気スポットです。 

 

 

営業時間や開催日は季節や天候によって変動する場合があるので、訪れる前に公式ウェブサイトをチェックしていくことをおすすめします。

 

 

・ケアンズ・ナイト・マーケット

https://www.nightmarkets.com.au/

 

 

おこもりステイでも人気! オーシャンビューの5つ星ホテル 

 

今回ケアンズで宿泊したのは、オーストラリアで展開するホテルブランド「クリスタルブルックコレクションのひとつ、クリスタルブルック・ライリー」です。ショッピングや観光スポットへのアクセスが便利なエスプラネード地区にあります。ビーチやリーフターミナルも徒歩圏内にあるので、ケアンズ楽しむには理想的な立地です。 

 

 

宿泊したのは広々としたベランダから海、山が見渡せる「シービュールーム」タイプホテル内は洗練されたデザインとモダンな設備が特徴的ですさらに客室には高速Wi-Fi液晶テレビ、ミニバー、専用バスルームなどが充実しています。木製のルームキーや水はガラスボトルで提供するなど、環境の配慮されたアメニティも好印象です。 

 

 

さらに、ケアンズで1番大きなプールやフィットネスセンター、ケアンズでは数少ないルーフトップバーなど館内施設も充実しています。スパやマッサージサービスも利用できるので、観光で疲れた体をゆっくり癒すのもおすすめです。そしてなによりホテルのスタッフがフレンドリーで、観光情報の提供などのサポートにも対応してくれるので、安心してアンズの旅を満喫することができました。

 

 

 

ケアンズは一年を通して暖かい気候、治安もよく海外旅行初心者でも観光しやすい街でした。そして、日本から直行便がある抜群のアクセス。コロナ禍明け旅行復帰の旅先として訪れてみてはいかがでしょうか。渡航前には電子ビザETAの申請をお忘れなく! 

 

次回は、クイーンズランド州南東部に位置する人気のリゾート地ゴールドコーストの旅をレポートします! 

 

 

 

協力:

・オーストラリア政府観光局  

www.australia.jp 

 

・クイーンズランド州政府観光局 

https://www.queensland.com/

 

・ジェットスター

https://www.jetstar.com/jp

 

 

◎取材&写真&文/對馬杏衣 

価格は税込です。店舗情報、商品情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2024年4・5月合併号

COVER STORY

冬が過ぎたら。/川栄李奈

  • ◆春に着たい「くすみ色」。
  • ◆街とアウトドア服
gototop