2022.12.26

【週末“非日常”TRIP】絶景とグルメを心ゆくまで楽しむ! 静岡県西伊豆旅

 

2005年に「夕陽日本一」を宣言した静岡県西伊豆町。西伊豆町には夕陽の他にも、自然やグルメ、フォトスポットなど魅力が盛りだくさん! 今回はその西伊豆町の魅力をみなさんにお届けします。

 

 

天城山の大自然に囲まれながら “わさび” の収穫体験

 

静岡県西伊豆町にある「わさびの駅」では、地下1,000mから湧出した天城山の深層水が取水できます。空の容器を持参すれば、100円で2分間、15リットルの水を取水することができ、地元の方にも人気の取水場です。

 

そんな天城山の深層水を取水できる「わさびの駅」ですが、天城山の上流から流れ続ける水はとてもきれいで、水温も低く、わさびにとって好条件な場所でした。1600年代から始まったわさびの栽培方法は現在も変わらず、受け継がれています。

 

 

わさびの収穫場所へは木漏れ日が差し込む杉林をくぐりぬけながら歩いて向かいます。わさびは1年〜1年半ほどかけて育てられており、収穫したわさびは持ち帰って、自宅で美味しくいただくことができます。

 

 

わさびの収穫体験は「わさび漬けの加工体験」とランチがセットになって5,000円。「わさび漬けの加工体験」ではわさびをみじん切りにし、酒粕と共に漬けていきます。アジの干物と潮鰹(しおかつお)うどん、わさび丼がセットになった「西伊豆定食」は、西伊豆で採れたものだけを使用した、店主こだわりの定食です。

 

わさびの駅

料金:5,000円(わさびの収穫体験+わさび漬けの加工体験+西伊豆定食のセット)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里628-1
HP:http://www.wasabinoeki.com/

 

 

ジオ好きにはたまらない、「乗浜海岸」でゆったり過ごす

 

乗浜海岸は、西伊豆の景勝地 “堂ヶ島”の中心にある、岩で囲まれた海岸です。波が比較的おだやかで、海水浴期間はライフセーバーも常駐するのでファミリーにも人気の場所となっています。

 

 

乗浜海岸の目の前にある海の家「KAISUISO」では、デッキスペースのサイト貸しも行っていて、BBQやSUP、カヤックなどが体験できます。 店主自らがDIYした店内でバーカウンターも営業。海の景色に癒やされながら、のんびりと時間を過ごすことができますよ。

 

 

乗浜海岸から車で3分の場所にある、「大浜海岸」で太陽のウォールアートも発見。とても可愛いフォトスポットで、海と空に癒やされながら、写真を撮ることができます。

 

乗浜海岸

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科沢田
HP:https://www.nishiizu-kankou.com/play/beachnorihama

 

KAISUISO

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2819-1
HP:https://www.nishiizu-kankou.com/play/kaisuiso

 

大浜海岸

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科大浜
HP:https://www.nishiizu-kankou.com/play/beachoohama

 

 

大迫力の五百羅漢(ごひゃくらかん)!  「東福寺」

 

西伊豆の県道沿いにある東福寺は約700年前に再建されたお寺で、大正時代に漆喰で描かれた五百羅漢(ごひゃくらかん)を見ることができます。

 

〈五百羅漢(ごひゃくらかん)とは……?〉

仏さまに使える500人のお弟子さまのこと。お弟子さまの中でも最高位の500人を象で彫り、信仰するようになったことがはじまりといわれています。

 

 

当時の状態がそのまま保存されているため、歴史の流れを感じることができます。天井の四方には天女の像が配置され、中心には大迫力の龍が描かれており、いつまでも眺めていられそうな雰囲気でした。

 

東福寺

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町中24−1
HP:https://www.nishiizu-kankou.com/sightseeing/toufukuji
拝観料:200円

 

 

人気漫画『ゆるキャン△』のモデル地!  「堂ヶ島食堂」

 

西伊豆には「堂ヶ島のトンボロ」や「沢田公園露天風呂」など、人気キャンプ漫画『ゆるキャン△』のモデル地がたくさんあります。今回紹介する「堂ヶ島食堂」もそのうちのひとつ。漫画にも登場した「俺のぶっかけ丼(小サイズ 1,390円)」は、その日にとれた西伊豆の地魚がふんだんにつかわれ、その上にめかぶと卵がご飯の上に乗ったボリュームたっぷりの漁師飯です。

 

 

登場人物である鳥羽美波先生が座った席と同じ席で「俺のぶっかけ丼」をいただきました。そして店主自家製のところてんはなんと食べ放題(一品料理・ドリンクのみの注文は除く)! 酢醤油か黒蜜をお好みでかけて食べます。堂ヶ島を目の前に見ながら食べることができるので景色もバツグンでした。

 

堂ヶ島食堂

住所:静岡県賀茂郡西伊豆仁科2045−3
HP:https://dougashima.net/

 

 

お土産に干物や塩辛はいかが? 「海産亭」

 

干物や塩辛、西伊豆の塩など西伊豆ならではの特産品を販売している『海産亭』さんは、お土産を買うのにピッタリのお店です。そんな『海産亭』が運営する定食屋のランチが絶品。継ぎ足しの秘伝の煮汁で作られた金目鯛煮魚定食(1,800円)の金目鯛は、身がとても分厚くて、食べても食べても身がどんどん出てくるほど。

 

 

こだわりの塩辛を販売しているだけあって、周りの小鉢に入っている塩辛もとても濃厚で、ご飯がすすみます!

 

海産亭

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須2132
HP:http://kaisanya.com/kaisantei.html

 

 

毎朝仕入れる地魚の寿司が味わえる 「瀬浜寿司」

 

瀬浜寿司では毎朝仕入れる地魚にぎり(2,300円)がおすすめ。その時期の旬を味わうことができます。真イカは肉厚で、ねっとりとした深い甘みのある味わい。アワビはコリコリとした歯ごたえと磯の風味が感じられるお味でした。他のお魚も含め、食べ進めるのが勿体無いほど美味しかったです。

 

瀬浜寿司

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科堂ヶ島2909-10
HP:https://www.nishiizu-kankou.com/eat/sehama

 

 

森林浴しながらチルタイム「森のCafe リトルハート」

 

最後に紹介するのは「森のCafe リトルハート」。西伊豆の森の中で、自家焙煎コーヒーと手作りの焼き菓子、天然酵母と国産小麦を使用したベーグルサンドなどを販売しています。天気の良い日はテラスで緑を眺めながらカフェするのもおすすめ。リトルハートを営まれているご夫婦は、とても柔らかい雰囲気のおふたりなので、お話させていただくだけで心が温かい気持ちになります。西伊豆でほっとひと息つきたい時におすすめです。

 

森のCafe リトルハート

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里1
HP:https://littleheart.thebase.in/about

 

 

西伊豆町へは駿河湾フェリーで!

 

西伊豆町へは清水港から出ている駿河湾フェリーに乗船すると70分で到着します。清水港まではJR「清水駅」からシャトルバスが運行しているため、新幹線で清水駅へアクセスすると便利です。また、駿河湾フェリーは車も一緒に乗船することができます。天気が良い日には駿河湾フェリーから荘厳な富士山を眺めることもできますよ。

 

 

絶景や自然、グルメを満喫できる静岡県西伊豆町。本誌では夕陽のおすすめスポットや堂ヶ島天窓洞など、西伊豆町で味わえる絶景スポットを紹介しています。ぜひ本誌もチェックしてみてくださいね〜!

 

駿河湾フェリー

清水港乗り場住所:静岡県静岡市清水区日の出町10-80
土肥港乗り場住所:静岡県伊豆市土肥2920
運賃:(旅客)片道2,300円(自動車※運転手1名含む)片道6,300円〜
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科堂ヶ島2909-10
HP:https://www.223-ferry.or.jp/fare.html 

 

 

◎取材&撮影&文/ぴさき

価格は税込です。店舗情報、商品情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2023年1月号

COVER STORY

いいモノと、いい暮らし。/
黒島結菜

  • ◆素敵なお部屋サンプル
gototop