2021.01.05

次の1足は、サイドゴアかサイドジップか。名品ブーツを手に入れて。

冬はどこかきちんと感のあるアイテムを身につけたくなる季節。まずは足元から取り入れてみるのはいかがでしょう。mina的おすすめは、サクッと履けておしゃれなあのブランドの名品ブーツ。今回は4つ紹介します!

 

ブーツ 88,000円+税/チャーチ(チャーチ 表参道店) メンズVネックニット 45,000円+税/77CIRCA ロンT 5,500円+税/Sloppy(GOONie PR) スカート 37,000円+税/unfil ソックス 800円+税/靴下屋(タビオ) ラグマット 178,000円+税/IDÉE(イデーショップ自由が丘)

 

 

履きやすさが魅力の【サイドゴア】

“スッと履ける”のにハンサム顔のサイドゴア。19世紀、ヴィクトリア女王のために脱ぎ履きしやすくフィット感を得やすい靴として作られました。

 

 

Tricker’s 〈トリッカーズ〉

イングランド最古の製靴業者「トリッカーズ」。元々“作業靴”として使われていたこのブーツは、足を守るために革を厚くし、丈夫に作られているので永く愛用できます。ブランドアイコンであるトゥの装飾は、元は水捌けのためつけられたそう。

 

サイドゴアブーツ 77,000円+税/トリッカーズ(トリッカーズ 青山店)

 

 

Sanders〈サンダース〉

雨に強いポリッシュドレザーを採用している「サンダース」のミリタリーシリーズは、どんなシーンでも頼れる存在。定番モデルであるチェルシーブーツは、「266」という木型を使用し、ラストが現代的にアップデートされています。幅広いコーデで試してみて。

 

サイドゴアブーツ 52,000円+税/Sanders(グラストンベリー ショールーム)

 

 

“隠れ楽チン”ないいとこどりブーツ【サイドジップ】

「サイドジップ」と聞くとカジュアルすぎる印象を抱く人もいるかも。でも今年は、さりげない装飾や細部までシルエットにこだわったものが豊作!

 

 

Luca Grossi〈ルカグロッシ〉

1970年の誕生以来、現在もすべての製作工程を誕生地イタリアで行う「ルカグロッシ」。牛カーフは、しなやかでハリがあり、履くほどに馴染みます。繊細なブローグ×ジップという二面性で、品があるのに気軽に履けるのが嬉しい。

 

サイドジップレースアップブーツ 44,000円+税/ルカグロッシ(伊勢丹新宿店)

 

 

REGAL〈リーガル〉

手吊りの仕上げで木型の抑揚が表現されているため、硬派ながらも品が感じられるデザインの一足。柔らかなレザーの表情を生かし、女性らしい華奢で美しいシルエットを実現。ジップのおかげで、フィッテングのストレスはゼロに。

 

サイドジップレースアップブーツ 40,000円+税/REGAL(リーガルコーポレーション)

 

 

名品ブーツを1つ手に入れて。

冬の足元はきれいめブーツで上品に整えるのがおすすめです。確かなブランドの「サイドゴア」か「サイドジップ」なら今年だけでなくこれからずっと履いていける一足になるはず。

 

ブーツ 35,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店) ニット 45,000円+税/ESK(メイデン・カンパニー) パンツ 8,900円+税/UNIVERSAL OVERALL(ドリームワークス) ソックス 700円+税/靴下屋(タビオ) 

 

 

SHOP LIST

unfil(アンフィル) ☎︎03-5775-3383
伊勢丹新宿店 ☎︎03-3352-1111
イデーショップ自由が丘店 ☎︎03-5701-7555
UTS PR ☎︎03-6427-1030
GOONie PR ☎︎ 03-6441-2142
グラストンベリー ショールーム☎︎03-6231-0213
77CIRCA ☎︎03-6407-9466
チャーチ 表参道店 ☎︎03-3486-1801
タビオ ☎︎0120-315-924
トリッカーズ 青山店 ☎︎03-6805-1930
ドリームワークス ☎︎03-6447-2470
ファビオ ルスコーニ 有楽町店 ☎︎03-6268-0538
メイデン・カンパニー ☎︎03-5410-9777
リーガルコーポレーション☎︎ 047-304-7265

 

◎撮影/吉森慎之介 ◎スタイリング/村田愛美 

MAGAZINE

mina 2021年 6月号

COVER STORY

今日は何着て、どこ行く?

  • ◆春、これからのスタンダード。
gototop