2021.08.30

【週末メンテ】プロの美容家直伝! 夏に似合う魅せパーツの作り方

ノースリーブやハーパン、サンダル……夏のファッションには、肌の露出が欠かせませんよね。肌を見せる機会が増えれば、ひじやかかとのガサつきに背中の産毛など、パーツの悩みが増える人も多いのでは? そこで今回は夏に似合う魅せパーツを目指すべく、おすすめのメンテ法をプロの美容家さんに教えてもらいました!

 

 

▶︎教えてくれたのは……

美容家 Caoruさん

大手エステサロン勤務後、海外の美容テクニックを習得し独立。 執筆活動、サロン等への講習や技術指導を行うほか、企業の化粧品開発プロデュースやコンサルティングにも携わる。

 

 

01.背中のケアは肌を傷つけないように

汗の量も皮脂腺も多い背中はニキビができやすく、産毛も放置しがちなので、注意すべきパーツ。「ニキビの原因となる皮脂 や角質を優しく取り除くには、何でどう洗うかが重要。特にニキビが炎症している場合はナイロンなど硬い素材のスポンジなどは避け、成分が穏やかな洗浄剤で刺激を与えないよう丁寧に洗いましょう。産毛処理には、直接肌に触れず負担の少ない電気シェーバーがおすすめ。自分で処理しにくい箇所なので、脱毛サロンに任せるのも手です」(Caoruさん)。

 

KIREIMO SMOOTH BODY SHAVE(White) 7,678円/キレイモコールセンター

 

 

02.こまめな保湿と週2の角質ケアでツルツルかかとに

ガサガサの原因は肌の乾燥。かかとは皮脂腺が少ない上に血液循環が悪く、ターンオーバーが乱れて角質層が水分不足になりがち。夏でも乾燥しやすいので気をつけて。「日頃からお風呂 上がりにボディクリームでしっかりと保湿を。サンダルで過ご すことが多い夏場は角質が肥厚しやすいため、週に2回ほどスクラブを使って除去するようにしましょう」(Caoruさん)。 硬くなりすぎた場合は、足用のやすりを使うのも有効です。

 

 

03.ひじやひざの黒ずみはスクラブでマッサージ

最近はリモートワークが増えたことで、ついひじをついて作業してしまい、ひじの黒ずみに悩む人が多いのだそう。「デスクワークの際は直接ひじが机に当たらないよう、クッションを敷くなどの対策を。お風呂ではスクラブやピーリングを使い、濡らしたひじやひざに塗布してくるくると優しくマッサージするように研磨し、ぬるま湯で洗い流します。お風呂上がりにボディクリームなどでの保湿も忘れずに」(Caoruさん)。

 

ブルーメエデナ ベリーベリーシュガースクラブパック 80g 4,290円/Blume Cosmetics

 

 

04.規則正しい生活習慣や入浴で美ヒップに

 

 

ザラつきやゴワつきが気になりやすいのが、お尻周りや足の付け根。このいわゆる“サメ肌”現象は、ターンオーバーの乱れによって古い角質が溜まることが原因です。「まずは睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足やストレスを改善し、基本的な生活習慣の見直しから始めましょう。また、夏でもできるだけ湯船に浸かり、血液循環をよくすることも肝心。うるおい成分入りの入浴剤を入れると保湿もできて一石二鳥です」(Caoruさん)。

 

ミノン 薬用保湿入浴剤[医薬部外品] 480mL 1,540円(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

 

 

05.二の腕や胸もとのブツブツは角質と保湿のケアを

 

ノースリーブや胸もとがあいた服を着ることが多くなる季節。意外と多いのが、二の腕や胸周りの悩みです。「二の腕にできるブツブツはニキビではなく、古くなった角質が毛穴に溜まった状態によるもの。また、胸もとのできものは、過剰な皮脂分泌が原因の可能性があります。規則正しい生活でターンオーバーのサイクルを整えましょう。また日頃から角質ケアを取り入れ、こまめな保湿を心がけてください」(Caoruさん)。

 

 

06.脱毛後の肌荒れに刺激はNG!

 

 

セルフ脱毛をして肌がダメージを受けると、肌のバリア機能が低下して雑菌が入り、脱毛で傷んだ部分が化膿してブツブツとした毛嚢炎(もうのうえん)になることも。「炎症部分には余計に触れないこと。できるだけ肌を清潔に保ち、乾燥しないよう保湿を心がけてください。痛みやかゆみがある場合は、皮膚科の診察をおすすめします。肌への負担が大きい自己処理はできるだけ避けるのがベターですね」(Caoruさん)。

 

 

07.夏場の冷えにはおへそマッサージで巡りアップ

夏は冷たいものの摂りすぎや、過度な冷房に御用心。体を冷やしすぎると便秘を引き起こし、腸にガスが溜まりやすくなってしまいます。結果、ぽっこりお腹に。マッサージで腸を活性化させましょう。「腹式呼吸をしながら、おへそ周りを両手で優しく押していきます。息を吐くタイミングで時計回りに円を描きながら、6回くらいに分けて指で押すのを繰り返して」(Caoruさん)。代謝のいい体づくりには、朝食を食べて体温を上げ、栄養をバランスよく摂ることも大切です。

 

 

夏は魅せる理想のパーツづくりを目指そう

肌の露出に自信が持てれば、より夏のファッションが楽しめますよ。ちょっとしたことを心がけて、理想的なパーツづくりを目指しましょう! ぜひTODOを試してみてくださいね。

 

 

SHOP LIST

キレイモコールセンター ☎︎0120-444-680
第一三共ヘルスケア ☎︎0120-337-336
Blume Cosmetics ☎︎info@blume-edena.com

 

 

◎イラスト/上坂じゅりこ ◎取材・文/世古清佳

MAGAZINE

mina 2021年11月号

COVER STORY

おいしい珈琲のある生活。/吉岡里帆

  • ◆THE NEW BASIC
gototop