2021.11.21

ステキなあの人とコーヒーの関係。〈minaモデル・千國めぐみさん〉

minaモデルの“ちっくん”こと千國めぐみさんは、コーヒーが体質に合わないという理由で避けていたというが、焙煎したてのフレッシュな豆であれば飲めることに気づき、少しずつその魅力にハマったそう。そんなコーヒー初心者の彼女と、かっぱ橋道具街へ、コーヒー器具を探しに行ってきました。

 

 

コーヒービギナーのスターターキットを求めて

ちっくんと一緒に訪れたのは、浅草・かっぱ橋道具街にある喫茶用具の専門店『ユニオン』。創業約60年のこの店は、趣味でコーヒーを楽しむ人はもちろん、喫茶店やカフェを営む人たちなどのプロからも信頼されている。充実した品揃えを目当てに海外から訪れるお客さんも多いのだとか。

 

 

自分のライフスタイルにあった道具探し

「私は面倒臭がりなので、とにかく簡単な道具を手に入れたいです。洗ったり、ゴミを捨てたり、そういう手間がなるべく少ないものがいいですね。もちろんデザインも重要」。

そう言って手に取ったのは、『BONMAC(ボンマック)』のカラフェセット。ステンレス製のフィルターが付いていて、使い捨ての道具を避けたいというちっくんの希望にぴったり。

 

 

ちっくんが『ユニオン』で購入した商品はこちら!

 

〈左〉雑味を抑えて香り高い味わいに
メッシュサイズにこだわったステンレスフィルターで抽出効率をアップしたドリッパー&サーバー。 ガラスが二重構造になっているため、保温性も抜群。
「ブラウンの持ち手が可愛い!」。

ダブルウォールコーヒーカラフェセット 5,720円

〈右〉コンパクトで初心者にも優しい
カリタのミルは丸みのあるデザインが 可愛らしく、中央にくびれがあるため力を入れやすいのも魅力。

「ブラックやナチュラルと色を迷いましたが、インテリアに馴染みそうなブラウンにしました」。

コーヒーミル KH-10 3,960円

 

 

初心者でも始められるおうちコーヒー

お店に来るまでは専門用具を買ってもそんなに飲むか心配だったと語るちっくん。でもライフスタイルにあった道具を手に入れて、さらに美味しく淹れるコツまで教えてもらっていたので、かなり満足した様子でした。コーヒー初心者の方も、自分のライフスタイルに合ったコーヒー用具探しをしてみてはいかがでしょう?

 

 

今回訪れたのはココ『UNION』

かっぱ橋道具街にある1962年創業の喫茶用品専門店。コーヒー・紅茶のグッズが豊富に揃っている。隣にある姉妹店では焙煎したてのコーヒー豆の販売も行う。

 

『UNION』
住所 東京都台東区西浅草2-22-6
☎ 03-3842-4041
営業時間 10:00〜17:00
休業日 日曜・祝日

 

 

◎撮影/猪原 悠(TRON) ◎ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) ●特にクレジット表記のないものは本人私物です。

MAGAZINE

mina 2022年1月号

COVER STORY

木枯らしが吹いたら 冬のはじまり/
石橋静河

  • ◆真冬のアウターのお話。
gototop