2022.08.19

映画『ハウ』主演・田中 圭さんインタビュー

 

映画『ハウ』で、主人公のハウを演じた俳優犬・ベックを愛おしそうに見つめる田中 圭さん。本作で田中さんが演じた民夫は市役所に勤めるちょっと気弱な青年。飼い主に捨てられて保護犬になってしまった1匹の大型犬を飼うことになり、“ハウ”と名付けて溺愛するが、ある日、ハウが行方不明に……。離れ離れになるまでのハウと過ごした最高に幸せな時間を描く。

 

 

――改めて撮影を振り返ってみていかがでしたか?

 

「小さい頃から実家で犬を飼っていたので、ワンちゃんは身近な存在。撮影中はベックと“心が通じ合っているな”と感じた瞬間は確かにありました。通常のお芝居では相手がいて、その相手との間で心を通わせて、作り上げていくものですが、ストーリーを理解できないベック相手ではそれができない分、自分ひとりで作らなければならない部分もたくさんあって。でも、一瞬だけど、ちゃんとこちらの目を見て、何かを伝えてくれている瞬間があったし、特にハウと民夫が遊んでいるシーンなんかは芝居を忘れて一緒に楽しめていました」

 

 

――とはいえ、ワンちゃんとの撮影はひと筋縄ではいかないことも多いですよね。

 

「お風呂場でハウの体を洗っていると、体をブルブルっと震わせて、民夫に水しぶきが飛んでくるというシーンがあったのですが、ブルブルさせるのもひと苦労で。ハウが人の顔をペロペロなめる場面も、ベックはお利口さんだから普段やらないので、犬のおやつを顔に塗ってみたり(笑)。工夫や裏技満載の撮影でした」

 

 

――民夫と離れ、アクシデントが重なり青森に行きついてしまったハウが、民夫がいる横浜までの798kmの道のりをひた走り、その道中、多くの人と出会い、心を癒していく。そんなハウの大冒険を、完成した作品をご覧になっていかがでしたか?

 

「ベックはただただ天才です。ハウの気持ちがめちゃめちゃ伝わってくるし、ハウに感情移入してしまう。そこにいたのは僕と一緒に撮影していたやんちゃなベックではなく、登場人物のハウでしかなかった。これほど心を動かされることがあるだろうか、というぐらい感動しました。映画を観終わったあとは本当に幸せな気持ちになり、多幸感に包まれる。自分が出演している作品だけど、観てよかったなと思ったし、特にペットを飼っている人たちは涙腺刺激されまくりじゃないですかね」

 

 

PROFILE

たなか・けい●1984年7月10日生まれ、東京都出身。最近の出演作はドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』、映画『女子高生に殺されたい』など。公開中の映画『ザ・ロストシティ』ではアラン役の吹替を担当。9月17日よりHuluオリジナル『死神さん2』配信開始。11月には舞台『夏の砂の上』に出演。

 

 

INFORMATION

『ハウ』

保護犬を引き取った民夫は”ハウ”と名付け、1人と1匹の温かい日々が始まった。だが、あるときハウが突然姿を消し、民夫は失意のどん底に。一方、青森に行きついてしまったハウは民夫に会いたい一心で彼の元を目指すのだが……。

全国上映中
出演:田中 圭、池田エライザ、野間口 徹、渡辺真起子、長澤 樹、モトーラ世理奈、石橋蓮司、宮本信子ほか
配給:東映 ©︎2022「ハウ」製作委員会

 

 

レザージャケット396,000円、ニット83,600円、デニム124,300円、ベルト58,300円/以上エトロ(エトロジャパン)その他/スタイリスト私物

 

◎撮影/川原﨑宣喜 ◎スタイリング/柴田 圭(tsujimanagement) ◎ヘア&メイク/SHIGE ◎取材&文/関川直子

 

記事に掲載されている情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2022年11月号

COVER STORY

ラーメンな日。/
永野芽郁

  • ◆みんなの「お酒」SNAP
gototop