2021.12.11

お笑いコンビ・空気階段インタビュー

 

10月に開催された『キングオブコント2021』はハイレベルなコントの数々に“伝説回”とも言われ、そんな中、歴代最高得点を叩き出し、見事14代目キングに輝いた空気階段。爆笑をかっさらった独特な設定のコントは、どのようにして生まれるのか。

 

 

水川かたまり:ネタの着想は普通に生活している中で、映画を観たり本を読んだりなどいろいろなところから。普段なんとなく日記的なメモを書いているので、「ネタ作ろう」って時にそれを見返して「あんな事あったな〜」ともぐらと喫茶店に集まってしゃべりながら作っていく感じです。

 

鈴木もぐら:自分が「無理してる」と感じてしまうと、キャラクターが成立しなくなってしまうので、馴染ませていくように心がけています。

 

かたまり:無理のない範囲というか、やってる自分自身も、観ているお客さんもからも「恥ずかしい」ラインってあると思うんですよ。そこに行かないようにってことですね。

 

 

――現在、ふたりの出演した映画『たまの映像詩集 渚のバイセコー』も公開中だ。

 

かたまり:コントは最終的に「笑わす」という着地点がありますが、映画は作品ごとの目的みたいなものがあるので、演技といってもコントとは演じ方が全然違うので難しいですね。

 

もぐら:剣道とフェンシングぐらい、コントと映画の演技は別物です。

 

かたまり:個人的に印象に残っているのは、ヤギを連れて歩くシーン。何回撮ってもヤギが暴れ回って、僕は振り回されて、大変でした(笑)。

 

もぐら:ヤギのえもみちゃんね。やっぱり相当エモーショナルでしたね。

 

 

 

――空気階段の原点とも言えるTBSラジオ『空気階段の踊り場』ではふたりの生き様を赤裸々に語りつつ、世の中の“じゃない人”に寄り添うような内容が話題となり、年々リスナーの数を拡大し続けている。

 

もぐら:『〜踊り場』は、聴くところを選ばない、いつでも聴いていただけるラジオですね。ありがたいことに5年目までやらせていただきまして。感謝のラジオとなっております。

 

かたまり:とても爽やかな番組です。深夜番組ではありますが、タイムフリー機能で朝でも昼でも聴けるのでごはんの際にでも聴いていただけたら。『うんこしたくなる瞬間』のコーナーのところでは、一旦お食事は止めていただいて……。

 

 

 

 

PROFILE
くうきかいだん●2012年コンビ結成。TBSラジオ『空気階段の踊り場』(毎週月曜24:00~25:00)、初冠番組『空気階段の空気観察』(毎週水曜26:16〜テレビ朝日系)が現在放送中。

 

 

 

INFORMATION
『たまの映像詩集 渚のバイセコー』

<あらすじ>『競輪』と『自転車』が紡ぎだす心温まるオムニバス映画。第三話『氷と油』では、玉野市で生まれ育った若者(ゆりやんレトリィバァ・水川かたまり)と、生まれも境遇も異なる移住者(園都・鈴木もぐら)の出会いと交流を、シュールな笑いを交えながらハートフルに描く。

 

池袋シネマ・ロサほか全国公開中
出演:三宅伸((一社)日本競輪選手会岡山支部所属)、渚(尼神インター)、ゆりやんレトリィバァ、江西あきよし、ネゴシックス、ハロー植田、鈴井優、ジミー大西、鈴木もぐら(空気階段)、水川かたまり(空気階段)、園都
Ⓒ2021 たまの映像詩集「渚のバイセコー」

 

 

◎撮影/川原﨑宣喜 ◎取材&文/Erinam

MAGAZINE

mina 2022年8月号

COVER STORY

インストールな週末。/
杉咲 花

  • ◆夏の“ちょいおじ”ベーシック服。
gototop