2023.01.13

美容マニアたちの偏愛アイテム、教えます。

 

美容が好きな方々に、リピしまくりの愛用コスメや美をキープするのに欠かせないアイテムなど、その人だけの溺愛コスメを、納得の理由やこだわりからリサーチ。リアルな声をお聞きしました。今年はどんなコスメとともに過ごしますか?

 

 

[1]
▶︎フリーランスモデル/杉本侑菜さんおすすめ!
KATE
リップモンスター 10 

 

つけたての色がそのまま続く、落ちにくさが話題のリップ

独自技術により長時間の色持ちを実現。「とても塗りやすいうえに、発色も良くて愛用中。カラー展開が豊富で、自分に似合う色を見つけられました!」(杉本さん)。

1,540円(編集部調べ)/カネボウ化粧品

 

 

[2]
▶︎モデル/潮田あかりさんおすすめ!
dejavu
ラッシュアップ E

産毛レベルのまつ毛まで捉えるフィルムマスカラ

超極細の三角ブラシがあらゆるまつ毛を逃さず、根元から毛先まで塗り上げる。「細かく塗ることができるし、ダマなく自然な仕上がりになるので気に入っています」(潮田さん)。

1,320円/イミュ

 

 

[3]
▶︎ AMERI プレス/渋沢優さんおすすめ!
RMK
メイクアップベース

乳液のようなみずみずしさで肌表面をなめらかに

様々なコンディションの肌にも軽やかに馴染み、毛穴やキメの乱れなどの凹凸をカバー。「メイク下地というよりは、化粧ノリを良くしてくれるスキンケアのよう」(渋沢さん)。

30mL 4,070円/RMK Division

 

 

[4]
▶︎Parabootプレス/渡辺 惇さん おすすめ!
アベンヌ
アベンヌウオーター

温泉水100%の化粧水で肌コンディションを整える

ミネラルの働きで肌のバリア機能を整え、なめらかに保ちます。「スプレータイプなので手軽に使えるし、塗った後のベタつきもなくて愛用しています」(渡辺さん)。

150g 1,500円(編集部調べ)/ピエール ファーブル ジャポン

 

 

発売中のmina2月号でも、「あの人のベスコス」を多数紹介中。そちらもぜひチェックしてみてください。

 

記事内掲載商品価格は税込価格となります。商品情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2023年1月号

COVER STORY

いいモノと、いい暮らし。/
黒島結菜

  • ◆素敵なお部屋サンプル
gototop