2024.07.08

こんなにおもしろい東京のメガネショップ/Let’s go to Glasses store! 【Continuer】

探してみると意外に多いメガネのセレクトショップ。店主の色が出るメガネセレクトに、コンセプチュアルな店づくり。訪れればきっと次なるお気に入りが見つかる東京のセレクトショップを紹介します。

 

 

 

恵比寿「Continuer/コンティニュエ 」

 

店長 志岐俊典さん

約50本のメガネを所持。なかでも一番のお気に入りはアーチオプティカルで、撮影や取材などのために気合いを入れたい日の必需品。

 

 

 

年に2回ほど発行しているカタログ。企画から制作まで自社でおこなう。春夏はビジュアルメインで、秋冬は取材などの読み物ページを充実させるなど、こだわりが満載。

 

Q.大事にしていることは?

A. ブランドの背景やつくり手の思いを、丁寧な接客を通してお客様に伝えることです。フランス語で「継承する」という意味の店名「コンティニュエ」を体現するため、ブランドの思いや世界観をお客様につないでいくことを常に意識しています。そのため数か月に一度はブランドを立てたイベントを開催。イベントを楽しみに来てくれる方も多いです。

 

 

 

併設するエクストラスペースでは、ヴィンテージの時計のほかにボトムなどのファッションアイテムを販売。不定期でイベントも開催している。

 

Q. セレクトのこだわりは?
A. 売れるブランドやアイテムに囚われず、その背景に惹かれるかどうかを重視しています。各ブランド、数十種類と多めにセレクトすることで、ブランドの世界観をしっかりと出しています。また、新作発表会にはスタッフ全員で行くようにしています。僕だけでなく、ほかのスタッフが気になったものも積極的にお店に置き、展開する商品の幅を広げています。

 

 

 

Q. 店の内装のこだわりは?
A. ゆっくりと談話ができる空間を目指しています。もともとはオーナーが
クリエイティブな話を気軽にできるサロンをつくりたいと立ち上げた店。日本では馴染みがないですが、サロンとは自由に会話を楽しむ社交場のこと。メガネ店という形になりましたが、その雰囲気を出すためにソファを置いています。そのおかげか世間話をしに来てくれるお客様もいます。

 

 

 

・Continuer
住所:渋谷区恵比寿南2-9-2カルム恵比寿1F
Instagram:continuer.official
取り扱い数:約500本
価格帯:約3〜9万円
主な取り扱いブランド:YUICHITOYAMA. 、MAXPITTION、10 eyevan、ayame、HAFFMANS&NEUMEISTER

 

◎Photo/Nakata Masashi

 

mina2024年8・9月合併号より

店舗情報は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングで変更となっている可能性があります。

MAGAZINE

mina 2024年8月号

COVER STORY

STORY of WEEKEND | A literary day with glasses 齋藤飛鳥

  • ◆本とメガネのある暮らし。
  • ◆週末コーデに、「メガネ」を掛け算。
gototop