2021.12.14

スキンケアの素朴な疑問に、美容のプロがお答えします!

なんとなく自己流でやっているという人も少なくないスキンケア。普段ふと疑問に思うスキンケアにまつわるあれこれや、お手に入れについてを美容のプロに教えてもらいました。ぜひ、これからのスキンケアライフの参考にどうぞ!

 

(左)セルフケアコンシェルジュ・いしずか久見子さん

大学在学中より美容ジャーナリストに師事、フリーの美容ライターとして活動。幼少期から肌が弱かったため取材を通じて敏感肌ケアを追求、現在は自身の肌質改善に役立った菌活+温活+ストレスケアを柱とする〝無理をしない〞セルフケア案内人の活動も。

 

(右)美容家:深澤亜希さん

女性誌やWEB媒体に出演、商品開発など幅広く手掛ける。「女性は自分に合った正しい美容法を行えば、年齢に関係なく誰でも必ずキレイになれる」をモットーに、 独自の美容ヒントを発信。透明感溢れる美しい肌は業界でも憧れの的。

 

 

【Q1】美肌のゴールデンタイムは意識したほうがいいの?

「肌のために22〜2時に寝ましょうと言われていましたが、最新の美肌理論では入眠の3時間前に熟睡すると◎。とは言え、夜中の3時に寝るのは微妙なので、眠れないという人は『睡眠』を見直すべきです」(美容家・深澤亜希さん)

 

良質な睡眠が美肌へのカギ。おやすみ前に頭皮をしっかりほぐしておく と 、より深い睡眠が叶えられそう。 香りも爽やか 。
スカルプ&ヘアオイル 50mL 4,400円/アスレティア

 

 

【Q2】化粧水の不要説がありますが、敏感肌に化粧水は不要?

「不要とは言い切れませんが、肌が弱っている部分に化粧水がしみやすいのは確かです。一般的な化粧水には、しみる原因となるアルコールや香料、着色料など多く含まれています。そういった場合には無添加に変更して様子を見るのもおすすめです」(セルフケアコンシェルジュ・いしずか久見子さん)

 

 

【Q3】美容液ってどういうときに使うの?

「気になる肌の悩みを解決してくれるのが美容液。他製品に比べて美容成分の濃度、肌に浸透しやすい分子の大きさや技術など、いつものお手入れにプラスすると美肌力がアップします! 冬の乾燥が気になる人は保湿美容液からどうぞ」(美容家・深澤亜希さん)

 

優れた保湿効果で注目を集めている5-ALAを配合。ウォ ーターとオイルの2層式で、肌と一体化するように浸透。
アラヴィータ ブースターデュオ 50mL 11,000円/ネオファーマジャパン

 

 

【Q4】肌が荒れているときはお手入れをやめるべき?

「基本のケアは続けてOKです! 一番やめたほうがいいのは、キレイな肌を取り戻したいと焦ってスペシャルケアなどの新しい化粧品を追加すること。荒れた肌は角質層がゴワつきやすいので、ターンオーバーを促すために保湿ケアは必要に」(セルフケアコンシェルジュ・いしずか久見子さん)

 

 

【Q5】20代でやっておけばよかったというケアは?

「ズバリ、首のお手入れです。顔と首の肌質に差があるというのが、年齢とともに気になってきます。首はメイクでカバー出来ない箇所なので、専用のクリームで若いうちから丁寧な保湿ケアがおすすめです!」(美容家・深澤亜希さん)

 

リッチなうるおいで、なめらかな首もとに。付 属のネックマッサージャーを使えば、効率よくマッサージ。
AQ コンセントレイト ネッククリーム 98g 16,500円/コスメデコルテ

 

 

お肌の悩みを解決して、楽しいスキンケアライフを!

お肌がキレイだとなんだか自分に自信が持てる。今のうちからスキンケアにこだわって、トラブルなしのツルスベ肌を目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

SHOP LIST

アスレティア ☎︎0120-220-415
コスメデコルテ ☎︎0120-763-325
ネオファーマジャパン ☎︎0120-392-750

 

◎撮影/志田裕也

MAGAZINE

mina 2022年3月号

COVER STORY

東京クルーズ/
浜辺美波

  • ◆BASIC STYLE in SPRING
gototop